「学芸員はがん。連中を一掃しないと駄目」 山本幸三地方創生担当相 滋賀県主催の地方創生セミナーで

山本幸三地方創生担当相は16日、大津市で地方創生に関するセミナーに出席。

外国人観光客らに文化財などの案内、イベント活用が不十分と指摘したうえで「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないと駄目」などと発言したということで、ニュースになっています。

この件についてネット上では、「短期的な経済利益を優先した発言」「学術・文化は観光に従属しろというのか」「文句言うなら、学芸員の資格認定の責を負う文科省に言うべき」といった怒りの声があがっています。

山本氏はセミナー終了後に「『一掃』は言い過ぎたが、文化財はプロだけのものではない」と語ったということです。

スポンサーリンク

メディア記事

「学芸員はがん。連中を一掃しないと」 山本地方創生相

「観光のがんは学芸員」

「学芸員はがん」=山本担当相が発言

Twitterでは

スポンサーリンク