「2ちゃんねる」が老朽化? 高齢化・斜陽化が進む匿名掲示板

2ちゃんねるにはかつての存在感がなく、斜陽化が進んでいるということでメディアが取り上げています。

スポンサーリンク

メディア記事

若者は見ない? 掲示板「2ちゃんねる」の高齢化は本当か

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/200804/1

 ネット掲示板「2ちゃんねる」は1999年に開設され、“ハッキングから今晩のおかずまで”をモットーに絶大な存在感を誇った。若いネット住民が情報交換したり、時には事件を起こす犯人が犯行を予告したりして社会問題になったこともある。

ところが最近は、「若いヤツは見ない」「年寄りばっかり」という書き込みが相次いでいる。世間と同じように、2ちゃんねるも“高齢化”しているらしい。本当か。

「匿名で好き放題言える2ちゃんねるが見直されつつあるのも事実」(井上氏)という。ネットも、現実社会と同じようにホンネとタテマエの使い分けが求められる時代になったのか。


かつての存在感を失った「2ちゃんねる」の明日はどっちだ

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1602/11/news019.html

 現代の若いネットユーザーやアクティブなユーザー層には、2ちゃんねるにわざわざ触れるだけのメリットがないという点も強いでしょう。ネットには昔よりぐっと知識のアーカイブが増え、SNSによって情報の共有も素早くなり、同好の士との接点が急速に身近なものになりました。以前、僕がアンケートツールを用いてまとめブログに関するアンケート調査を行ったところ、やはりまとめブログを利用する理由の中には「2ちゃんねるにはノイズが多すぎる」といったものがありました。情報の取捨選択は大量のノイズの中から行うものであり、そうやってリテラシーが培われていくものですが、もともとノイズが多いと分かりきっているところに好きで飛び込む必要性などないのです。

2ちゃんねるがいくら汚物まみれであり、それが魅力だという人がどれだけいても、汚物しか存在していなかったらとっくの昔に機能不全になっています。2ちゃんねるユーザーだって多くは「倫理のタガを外したくはない」人たちなのです。多分半分、いや3割くらいかな……。

とはいえヘビーな2ちゃんねるユーザーにしたって「ここが潰れるならばそれはそれ」程度でしか考えてなさそうですし、無くなって深刻に困る人もそこまでいないと思うので、副作用を覚悟して変に劇薬に頼り延命処置をしてしまうより、無くなるときはさらっと無くなってしまったほうが変化の目まぐるしいネットらしい結末だといえます。


【激論】掲示板「2ちゃんねる」の高齢化は本当か?

http://girlsvip-matome.com/acv/1064733189.html

現実問題スレ見てても言ってることが古いやつが多いなあって印象を抱くことは多くなった


メディア記事は、2ちゃんねるに倫理観が持ち込まれる可能性を示唆していますが、個人的には少し大きく構えて、トランプ大統領がネット上のナショナリズムを世界の表面に持ち込んできたことの反作用が起こりつつあるような気がしています。

つまり、次はコンピュータが、スティグマ(負の烙印)としてのグローバリズムを学習するターンに入った、という予感です。

あと2ちゃんねるなどの場合、政治的な工作員によって蹂躙されすぎたことも「老朽化の一因」かと思います。

Twitterでは

スポンサーリンク