【もんじゅ廃炉】約30年かけて 使用済み核燃料は県外に搬出【福井県西川一誠知事容認】

スポンサーリンク

メディア記事

福井知事、もんじゅ廃炉を容認

http://www.sankei.com/west/news/170607/wst1706070028-n1.html

 政府は7日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉の進め方や地域振興策を地元に説明する関連協議会を官邸で開いた。福井県の西川一誠知事は「もんじゅが廃止措置に移行することはやむを得ない」と述べ、廃炉を容認する考えを示した。政府は地元の理解を得たことで、廃炉作業を進める考えだ。

もんじゅ廃炉に30年 使用済み燃料は県外に 知事容認

http://www.asahi.com/articles/ASK673273K67ULBJ001.html?iref=comtop_8_05

 政府は7日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉について話し合う「もんじゅ関連協議会」を開き、5年半かけて使用済み燃料を原子炉から取り出し、30年間で廃炉作業を終える基本方針を福井県の西川一誠知事に示した。使用済み燃料は県外に搬出する。西川知事は廃炉を容認する考えを示した。

もんじゅの廃炉方針 福井県知事が容認する考え示す

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170607/k10011009041000.html

菅官房長官は廃炉に向けた基本方針で、使用済み核燃料などを将来的に県外に搬出するとしたことをめぐり、記者団が「搬出先の方向性はあるのか」と質問したのに対し、「これから5年半で搬出の方法や計画の検討を行う」と述べました。

福井県、もんじゅ廃炉容認=「30年で完了」政府提示―使用済み燃料、県外搬出

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000029-jij-soci

 政府は協議会で、もんじゅの廃炉に関する基本方針案を提示。廃炉作業開始から5年半で核燃料を炉心から取り出し、30年で廃炉を完了することなどを示した。放射性廃棄物の県外搬出の方法や期限などの具体的計画は、燃料取り出しが終わる5年半以内に結論を得るとした。

Twitterでは

スポンサーリンク