【やっぱり!】ストレスが胃がんの進行を加速させるメカニズムが判明

ストレスがやっぱり胃がんの進行を加速させる、そのメカニズムが解明されたということでニュースになっています。

メディア記事

https://www.kyodo.co.jp/mamegaku/2017-01-03_1581726/

記事によると、神経ストレスと胃がんの進行加速のメカニズムを解明したのは東京大学と米国コロンビア大学などで、

胃がんが進行する過程で、がん細胞が「神経成長因子」と呼ばれるホルモンを産生し、これに反応した神経細胞ががん組織に集まり、そこからの強いストレス刺激を受けることで、胃がんの成長が加速していくことが世界で初めて明らかになった。

と述べています。

また、”「神経成長因子」を抑える薬や、神経ストレスを放出する細胞を除去することで、胃がんの進行を抑えることもできた”ということで、今後、胃がん治療の効果を高められる可能性があるとしています。


http://www.amed.go.jp/news/release_20161216.html

神経成長因子を標的にした薬剤はすでに臨床試験や実際の臨床でさまざまな疾患に使用されており、胃がんに対しても早期の臨床応用が期待されます。


胃がんの原因はほとんどがピロリ菌だといわれていますが、ストレスは発生した胃がんの進行を促進させるということです。

やはり日常的にストレスの少ない生活をすることが大事だということのようです。


https://www.m3.com/open/clinical/news/article/488141/

記事によると、ピロリ菌感染者の減少が胃がん患者数は減少傾向にあるとし、それでも日本では欧米諸国に比べて依然として圧倒的多数の胃がん症例があると指摘。

5年生存率は20%に満たない現状に対し、今回の研究による新しい胃がん治療の可能性があることを期待しています。

ピロリ菌について

ストレスが胃がんの大敵ということはわかりましたが、では胃がんの原因といわれるピロリ菌について、いくつかのサイトを紹介しておきます。


http://www.pylori-story.jp/

武田薬品工業のピロリ菌についてのサイトです。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%90%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%AD%E3%83%AA

Wikipediaによる、ヘリコバクター・ピロリの記事です。


http://style.nikkei.com/article/DGXMZO83942860U5A300C1000000?channel=DF140920160927

日経スタイルによる胃の病気とピロリ菌の関係性に対する具体的な記事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク