【やっぱり?】ダイエット飲料で脳の健康リスクが増大する可能性 米研究

アメリカの学会誌において、人工甘味料を用いたダイエット飲料を摂取することで、脳卒中や認知症を発症する確率が高いという調査結果が掲載されました。

スポンサーリンク

ダイエット飲料、摂取で脳の健康リスク増大か 米研究

調査結果では人工甘味料と脳卒中、認知症との因果関係を立証するにまでは至っておらず、業界団体は反発しているそうです。

しかし、疫学調査による統計的な結果ですので、そのデータ自体は信頼ができるといえそうです。

毎日ダイエット飲料を飲んでいた人は、虚血性脳梗塞、認知症にかかる割合が3倍にのぼる、ということですが、まず本当にダイエット飲料が脳卒中や認知症を誘発しているのか。

あるいは、ダイエット飲料を飲む必要がある層は、そもそも糖尿病などの持病があったのではないか、ということは考える必要がありそうです。

記事では、調査層の肥満度や既往症などのデータまでは言及されておらず、はっきりしたことはわかりません。

ただ、人間が大量に人工甘味料を摂取するようになってからまだ歴史は浅く、「世界各国の政府機関が安全性を保証している」という業界側の言い分が完全に正しい、と決めるには、まだ研究・議論の余地があるようです。

以下、人工甘味料でTwitter検索してみましたが、「危険」を煽るツイートが非常に多かったです。

信じる信じないは個人にゆだねられますが、この問題は「まだはっきりしたことがわからない」ので、あまり断定的に書かれたものは、疑う余地があるかもしれません。

スポンサーリンク

コメント

  1. 名無し より:

    現代の食いもんで安全な物なんかあるわけないだろ