【千秋楽次第!】稀勢の里横綱昇進? 30歳は遅い? 巷の声はどうなってる?

(この記事は初場所千秋楽の前に書いています)

気の早い話ではありますが、大関の稀勢の里が初場所で優勝決定ということで、にわかに横綱昇進が話題になっています。

昇進がどうなるかはさておき、30歳という年齢は横綱になる年として早いのでしょうか、あるいは遅いのでしょうか。巷の声も含めて、調べてみました。

メディア記事

http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/20170121-OYT1T50205.html?from=ytop_main8

 稀勢の里はこれまで一度も賜杯を抱いておらず、今場所前は「綱取り」の機運が高まっていなかったが、昨年は年間最多勝のタイトルを手にするなど、最近の安定感は高く評価されている。二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)は「昨年も年間最多勝になった。長い目で見る必要がある」と前向きな姿勢を示している。

横綱昇進時の年齢について

http://blog.livedoor.jp/taguchi_sumo/archives/1060136933.html

『大相撲!土俵の目撃者』さんで、これまでの横綱の昇進年齢と引退年齢について記事にされています。

千代の山以降、30代で横綱になったのは5人と、決して多くありませんが、珍しくもありません。

また、日馬富士と鶴竜の横綱昇進時の年齢が28歳だったことを考えても、稀勢の里の30歳という年齢が遅すぎるということはないと思います。

しかし35歳を超えて横綱を維持し続けたのは、千代の富士を含めたたった3人であること、ほとんどが33歳までに引退していることを考えると、仮に横綱に昇進したとしても、そこから長く活躍し続けることは難しいかもしれません。

稀勢の里寛

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%80%E5%8B%A2%E3%81%AE%E9%87%8C%E5%AF%9B


もし横綱昇進となれば、なんと日本人横綱は貴乃花の引退以来となります。

http://sportvilogger.com/japaneseyokoduna-1510


ここ一番で勝てないイメージのある稀勢の里ですが、地道に勝ち星をつなげてきての大チャンスだと思います。

今日の千秋楽の取り組みに期待しています。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大相撲力士名鑑(平成29年度) [ 相撲編集部 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)


Twitterでは

Twitterではいろんな声がありましたが、慎重論が目立ちました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク