【完全にアウト】今村雅弘復興相、またも舌禍 東日本大震災について「これはまだ東北で、あっちの方だったから良かった」

今村雅弘復興相が25日、自民党二階派のパーティでの挨拶で、東日本大震災についてまた不適切な発言を行い、ニュースになっています。

今村氏は直後に発言を撤回、謝罪。

ネットでは今村氏の度重なる被災者への不適切な発言に対する怒りの声とともに、いよいよ復興相としての資質を疑問視する声があがっています。

スポンサーリンク

メディア記事

今村雅弘復興相、東日本大震災に「東北だったから良かった」⇒安倍首相が謝罪

http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/25/imamura-tohoku_n_16226156.html

今村雅弘復興相は4月25日、東京都内の自民党二階派のパーティでの挨拶の中で、東日本大震災の人的被害、社会資本の被害について説明した中で「これはまだ東北で、あっちの方だったから良かった。これがもっと首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)なですね、甚大な被害があったと思う」と述べた。


今村雅弘復興相、東日本大震災「東北で良かった」 直後に取り消し謝罪 安倍晋三首相も「極めて不適切」

http://www.sankei.com/politics/news/170425/plt1704250040-n1.html

 今村氏は講演後、記者団に「首都圏でも防災対策をやらなければならないとの意味だった」と説明。その上で「取り消す。ご心配をかけ、おわびする」と語った。

パーティーに出席した安倍晋三首相も「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。おわびをさせていただきたい」と述べた。

Twitterでは

スポンサーリンク