【怒りの声多く】JR福知山線脱線事故から12年 JR西日本の歴代社長3人の無罪確定へ

スポンサーリンク

メディア記事

JR福知山線事故 歴代社長3人の無罪確定へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170613/k10011016061000.html

12年前、兵庫県尼崎市のJR福知山線で107人が死亡した事故をめぐり、JR西日本の歴代の社長3人が強制的に起訴された裁判で、最高裁判所は、検察官役の指定弁護士の上告を退ける決定を出し、無罪が確定することになりました。

平成17年4月、兵庫県尼崎市のJR福知山線で、カーブにさしかかった快速電車が脱線してマンションに激突し、乗客など107人が死亡し、562人がけがをしました。

JR西3社長の無罪確定へ 最高裁、過失認めず

http://www.sankei.com/affairs/news/170613/afr1706130017-n1.html

平成17年に乗客106人が死亡した兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴されたJR西日本元会長、井手正敬(まさたか)被告(82)ら歴代3社長について、最高裁第2小法廷(山本庸幸(つねゆき)裁判長)は、「現場が、特に脱線事故が起こる危険性の高いカーブだと認識していたとはいえない」として、3社長の過失を否定、検察官役の指定弁護士の上告を棄却する決定をした。事故の予見可能性を認めず、3社長を無罪とした1、2審判決が確定する。

福知山線の脱線事故、JR西・歴代3社長の無罪確定へ

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/13/story_n_17067238.html

 107人が死亡し、562人が負傷した2005年4月のJR宝塚線(福知山線)脱線事故で、業務上過失致死傷の罪で強制起訴されたJR西日本の元会長井手正敬被告(82)ら歴代社長3人を無罪とした一、二審判決が確定する。最高裁第二小法廷(山本庸幸裁判長)が、12日付の決定で検察官役の指定弁護士の上告を棄却した。事故をめぐる刑事裁判が全て終結することになる。

Twitterでは

4月25日のツイートです。

スポンサーリンク