【森友問題】事態はいよいよ「仁義なき戦い」の様相へ 23日の証人喚問を中継せよとNHKに抗議する声も

森友問題ですが、安倍政権まわりをつなげていた接着剤は、結果的に理念ではなく利権だったのかもしれません。

森友問題においては官民結託・忖度して国民への背信を行い、問題が生じれば政権は保身のことしか考えない、政権まわりは逃げに転じるというありさまで、ここにきて事態はいよいよ「仁義なき戦い」の様相を呈しています。

しかし籠池氏の証人喚問は23日ですが、今後事態がどのように進展するのか予断を許さない状況です。

ちなみに記事を書いている現在、証人喚問は現在NHKでは放送されない予定のようですが、TwitterではNHKに抗議の声をあげる働きかけが起こっています。

スポンサーリンク

メディア記事

橋下松井コンビに激高 安倍首相“維新3点セット”白紙撤回か

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/201863

 長すぎた蜜月がついに終わった。森友騒動で連日、野党の追及を受ける安倍首相は錯乱状態。虚偽答弁が発覚した稲田防衛相を「答弁には気をつけてくれと、何度も言っただろ!」と叱りつけたと報じられたが、最近は辺り構わず腹いせをぶつけているという。

なかでも苛立ちを隠さないのが、日本維新の会のツートップの態度だ。大阪府の松井一郎知事と橋下徹前知事は今さら「国の圧力があった」と口をそろえている。

「昭恵夫人が名誉校長だった責任を棚に上げ、首相はあくまで今回の疑惑は大阪府の責任との認識です。確かに大阪府は私立小学校の設置認可の審査基準を緩和し、森友学園が問題だらけと知りながら、スピード審議で『認可適当』と判断。首相にすれば、騒動の発端は大阪府の怪しい手続きで、この問題で矢面に立たされるのは松井知事らの不手際のトバッチリ。おまけに『国の圧力』の“責任逃れ”発言を聞かされたから、もう怒り心頭です。『大阪の3点セットは白紙に戻す』と語気を荒らげているそうです」


証人喚問で新たな籠池リスク、体調不良でポスト安倍の声も

https://dot.asahi.com/wa/2017031800021.html

「答弁には気をつけてくれと、何度も言っただろ!」

3月14日、官邸で安倍晋三首相は稲田朋美防衛相に対し、こう語気を荒らげ叱りつけた。

安倍氏の苛立ちは、連日、野党から森友学園疑惑追及を受ける腹いせを稲田氏にぶつける形となった。

「自分の後継者として、政調会長などの要職に登用してきた期待に応えられない失望が怒りに火をつけた」(首相に近い自民党議員)と見る向きが強い。

 官邸幹部は「首相サイドが金品を渡していないと確認が取れた。事実はなかったと完全に否定できる。刑事罰が適用される証人喚問であれば、領収書や経理の通帳などなければ、籠池氏の虚偽が証明される」と強気に見立てる。

しかし、与党内では籠池氏を国会に引っ張り出すことのリスクを懸念する声もある。

「いくら発言の信憑性が疑われる籠池氏だろうと、新たな爆弾が破裂する可能性もある。困った展開になった」(閣僚経験者)と、籠池氏の証言次第では政権そのものを揺るがしかねない事態に発展するという見方もくすぶる。


「総理への侮辱だ」一転、証人喚問へ 籠池氏は何語る?

http://www.asahi.com/articles/ASK3P5CRJK3PUTIL03S.html

記事では、首相サイドから100万円の寄付を受け取ったと述べた籠池氏に対して、「首相への侮辱」を理由に証人喚問を行う与党の姿勢を問題視。

 野党側は参考人招致を求めていたものの、「首相への侮辱」を理由にした喚問を問題視。21日の衆院議院運営委員会理事会でも、民進の泉健太氏が「首相の名誉が傷つけられたという理由で今後も証人喚問をするのか」と確認すると、佐藤勉委員長(自民)が「今後の証人喚問のあり方を協議したい」と引き取った。

安倍首相は国会で再三、「問題の核心は国民の税金が関わる国有地の払い下げと学校認可の問題だ」と答弁しながら、与党側は当時の迫田英典・財務省理財局長(現国税庁長官)ら、国有地売買に関係した官僚の参考人招致を拒んでいる。共産党の小池晃書記局長は「全体の真相を明らかにするにはもっと多くの人を呼ぶ必要がある」と述べ、籠池氏の証人喚問後も国会招致を求める考えだ。

Twitterでは

スポンサーリンク