【森友疑獄完落か】日本をネットメディアが変えるモデルケース【菅野完】

菅野完氏がツイキャスで、日本の主流メディアをオルタナティブメディアですべて巻き込んで、人権を守るという言質をとる形で動きました。

わたしも最初から最後まで見ていましたが、これによって現政権の、ネットサポーターやネット右翼を利用した世論誘導の時代の終焉かと思われます。

この動きは、トランプ政権の「主流メディアはうそつき」の流れに対する、日本なりのひとつの形になると同時に、トランプ政権のひとつの脅威になる可能性も示唆しているとにらんでいます。

ともあれ、今回の件がほころんだ理由は、日本会議主導の保守が金のばらまきで信用を買うことに執心し、問題が発覚すると仁義を無視し、タコが自分の足を食うように自壊したのが原因です。

メディア記事

目の前で歴史が動いている

http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10810.html

菅野完がツイキャスで放送しているんだが、ただいま視聴者が12295人! 凄い事になっている。リアルタイムで歴史が動いている。歴史の鼓動を目の前のPCで見られるw ところで100万なんだが、9月5日にアッキード昭恵から理事長妻に手渡されているんだが、その前、8月28日に安倍首相の政治資金団体で100万円の不審な動きがあるわけだ。まさか、政治資金から100万支出していた? こういうカネは、溜め込んだ裏金で出すもんだろw

Twitterでは