アメリカ分断衆国大統領 ドナルド・トランプ

タイム誌が「今年の人」にドナルド・トランプ氏を選んだと発表し、その肩書を「アメリカ分断衆国大統領(President of the Divided States of America)」としたことでニュースになっています。

この場合の分断とは、国境の話ではなく、社会の分断をさします。

ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)の崩壊、ゼノフォビア(外国人嫌悪)の噴出、富裕層と貧困層、移民問題など、アメリカの社会全体が分断されるような問題を象徴する人物としてトランプ氏が選ばれました。

メディア記事

http://www.cnn.co.jp/world/35093388.html

ニューヨーク(CNNMoney) 米誌タイムは7日、「今年の人」にドナルド・トランプ氏を選んだと発表した。肩書きは「アメリカ分断衆国大統領(President of the Divided States of America)」とした。

タイムのナンシー・ギブズ編集長は「1人の人物が、これほど型破りなやり方で、その年の出来事に影響を与えたことはかつてなかったと思う」とコメントしている。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49150

オバマ氏は30分以上にわたる式辞を黒人教会の説教壇にふさわしく語り、赦しと和解こそが信仰の本質である、と締めくくったのである。それは、憎悪に分断された国を再び一つにしたいという、彼の政治的信念の中核でもあった。

ところが、まさにそのようなメッセージこそが、彼の反対者たちを苛立たせることになる。なぜなら、「赦し」は犠牲者の側からしか与えることができないからである。

トランプ大統領が選ばれたのは、アメリカが非常に危ういパワーバランスで成り立っている多民族国家である、ということを再確認する出来事だろうと思います。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3488/1.html

http://www.bbc.com/japanese/video-35761879

http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/11/trump-america_n_12909936.html

Twitterでは

スポンサーリンク
スポンサーリンク