トランプ大統領就任 各紙もちきりに 米国第一主義強調 抗議活動も

トランプ大統領就任式に関して、各紙目立ったところをまとめてみます。

メディア記事

http://www.yomiuri.co.jp/world/20170120-OYT1T50066.html?from=ytop_top

米国の実業家ドナルド・トランプ氏(70)は20日正午(日本時間21日午前2時)、首都ワシントンの連邦議会議事堂前での大統領就任式で宣誓し、第45代米国大統領に就任した。

記事では、公職経験も軍歴もない大統領の誕生は初めてだとし、「米国製品を買い、米国人を雇う」という簡単なルールに従った米国第一主義を宣言していると述べています。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20170121-OYT1T50012.html?from=ytop_main5

なかにし礼氏と、前嶋和弘教授がテレビでトランプ氏を批判。

「これほど分断した中での就任式は初めて」と指摘。なかにし氏は「(トランプ氏が)一度言った言葉は消えない。どんな名演説をしても意味がない」

と前嶋教授が述べたと伝えています。


http://www.asahi.com/articles/ASK1M7SZ8K1MUHBI042.html?iref=comtop_8_01

記事によると、トランプ政権の陣容について、”異例の顔ぶれ”と指摘。

 新政権の閣僚の特徴について「3G」という言葉が使われる。大富豪(Gazillionaire)、ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)、将軍(General)というキーワードの頭文字から名付けられた。

と述べています。

http://www.asahi.com/special/timeline/20170121-trump-inauguration/?sort=asc?iref=comtop_8_08

トランプ大統領就任式を詳細に追っています。

どちらかというとデモ活動に強く焦点を当てるものになっています。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドナルド・トランプ 勝利への名語録 [ 桑原晃弥 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2017/1/21時点)


http://mainichi.jp/articles/20170121/k00/00m/030/214000c

記事では、

2期8年続いたオバマ路線からの転換を掲げ「反既成政治」のうねりを起こして大統領の座を手にしたトランプ氏が、超大国・米国のかじとりを担う。全米で抗議デモが行われ、首都ワシントンで一部が暴徒化し、ショーウインドーを割るなどした。

と述べたうえで、

 一方、移民やイスラム教徒、女性などへの侮辱発言や排他的な主張を繰り返し、批判を受けると何倍にも批判し返すトランプ氏のスタイルには、賛否が明確に分かれている。就任直前の支持率は歴代大統領就任時より大幅に低い40%台にとどまる。

として、トランプ大統領に反発するデモ活動について述べることでまとめています。

http://mainichi.jp/articles/20170112/k00/00m/010/125000d

橋下徹さんに「トランプ現象」についてたずねるインタビューです。


http://www.sankei.com/world/news/170121/wor1701210040-n1.html

トランプ大統領の立ち居振る舞いのクセについて分析しています。

http://www.sankei.com/world/news/170121/wor1701210048-n1.html

就任演説の英文での全文です。


http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN20H4F_Q7A120C1000000/?dg=1

米国の第45代大統領に就任したドナルド・トランプ氏は20日、連邦議事堂に設けられた特設会場で就任演説に臨み、「米国第一」を繰り返して「貿易、税制、移民、外交に関するあらゆる決定は、米国の労働者や家族の利益になるようにする」と宣言した。「国境を守る」とも述べ、崇高な理念よりも、現実的な自国優先主義をうたった。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN21H1H_R20C17A1000000/?dg=1&nf=1

 トランプ新政権は20日正午の就任演説の直後に、ホワイトハウスのホームページ上でエネルギーや通商など6項目の政策方針を発表した。通商政策では日米など12カ国で大筋合意したTPPから離脱すると表明。NAFTAも再交渉すると主張し「米労働者の利益にならなければ離脱を通知する」と踏み込んだ。

Twitterでは

スポンサーリンク
スポンサーリンク