トランプ氏、ロシアとアメリカの癒着疑惑「ロシアゲート」の捜査に不快感と対決姿勢

スポンサーリンク

メディア記事

「魔女狩りだ」ロシア疑惑捜査に不快感

https://mainichi.jp/articles/20170618/k00/00m/030/068000c

トランプ米大統領は16日、ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営の癒着疑惑「ロシアゲート」に関し、ツイッターで「FBI(連邦捜査局)長官を解任するよう私に言った男により長官解任の件で捜査されている。魔女狩りだ」と述べ、疑惑捜査への不快感と対決姿勢を示した。

トランプ氏「自身が捜査の対象」、ロシア疑惑で

https://jp.reuters.com/article/usa-trump-russia-witch-hunt-idJPKBN1972ND

トランプ米大統領は16日、ロシアによる米大統領選挙関与とトランプ陣営との共謀の疑いに関する捜査の一環で自身が捜査の対象となっていることを認めた。

トランプ大統領はツイッターで「連邦捜査局(FBI)長官の解任を巡り、解任を勧めた男によって捜査されている!魔女狩りだ」とつぶやいた。

トランプ氏「私は捜査されている!」 司法副長官を攻撃、再び解任劇?

http://www.sankei.com/world/news/170617/wor1706170040-n1.html

トランプ米大統領は16日のツイッターで、ロシアの米大統領選干渉疑惑をめぐる司法妨害の疑いで自らがモラー特別検察官による捜査の対象になっていることを認め、「魔女狩りだ」と強く反発した。モラー氏を任命したローゼンスタイン司法副長官に対するとみられる攻撃も開始しており、コミー前連邦捜査局(FBI)長官に続く解任劇を予想する声もある。

Twitterでは

スポンサーリンク