ブラジル産食肉、検査官贈賄疑惑によって衛生基準満たさない食肉が国内外に流通 日本も含む各国に影響

ブラジルの食肉加工業者が検査官に賄賂を贈り、衛生上問題のある肉を出荷していた問題で、農林水産省と厚生労働省は、問題のあった2社からの食肉の輸入手続きを21日から、検疫の段階でいったん止める「保留」の措置を取っているということです。

問題は中国と欧州連合(EU)、韓国、チリがブラジル産食肉の輸入停止に踏み切り、影響が拡大しています。

スポンサーリンク

メディア記事

ブラジル 衛生基準満たさない食肉販売で捜索 各国に影響

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170321/k10010919591000.html

ブラジルの食肉加工業者が衛生基準を満たしていない食肉などを販売していたとされる問題で、農林水産省と厚生労働省は、ブラジルの捜査当局から捜索を受けた2社からの食肉の輸入手続きを21日から検疫の段階でいったん止める「保留」の措置を取り、日本国内に流通しないようにしています。

農林水産省によりますと、ブラジルは日本にとって鶏肉の主な輸入先で昨年度(H27年度)の輸入量は42万6000トンで鶏肉の輸入量全体のおよそ8割を占めています。


ブラジル、食肉不正で輸出禁止=中国やEUは輸入停止

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032100564&g=int

ブラジルの食肉加工会社が検査官に賄賂を払い、衛生基準を満たさない食肉などを国内外に販売していた疑惑をめぐり、同国政府は20日、警察の捜査対象となった21社に対し、食肉の一時輸出禁止を命じたと発表した。ブラジル産食肉の輸入を停止する国が相次ぐ中、事態の沈静化を図るのが目的とみられる。
地元メディアによると、食肉不正疑惑が浮上して以降、中国とチリがブラジル産のすべての食肉製品の輸入を一時停止したほか、欧州連合(EU)や韓国は捜査対象企業からの輸入を停止した。


ブラジル産食肉、検査官贈賄疑惑で中国やEUが輸入停止

http://jp.reuters.com/article/brazil-meat-idJPKBN16S0A4

食肉加工業者は不正を否定しており、当局によるとこれまでにこの問題に絡んで死者が出たり体調を崩した例は見つかっていない。

中国は20日、予防措置としてブラジル産の全食肉製品の輸入を停止した。ブラジルの昨年の食肉製品輸出は139億ドルで、その3分の1近くが中国向け。

またブラジル牛肉生産業者協会(ABPA)によると、EUはブラジルの食肉加工施設4カ所からの輸入を停止した。

韓国の農林畜産食品省はブラジル産鶏肉の輸入検査を強化し、BRFの製造した鶏肉の販売を一時的に禁止すると発表した。韓国の昨年の鶏肉輸入は10万7400トン。その80%強がブラジル産で、BRFが全体の半分程度を占めた。

チリ農業省も20日、ブラジル産の全ての食肉製品の輸入を一時停止すると発表した。

Twitterでは

ところで、ケンタッキー・フライド・チキンの鶏肉はどうなんだ、と思ったんですが、主要原産地情報を調べてみたところ、2017年2月1日時点でほとんど国産で、ブラジル産の鶏肉は含まれていないようです。

http://www.kfc.co.jp/menu/pdf/OR_native_170201.pdf
スポンサーリンク