ブルーベリーには視力回復なし? 医学的根拠認められず

ブルーベリーには視力回復効果がない?

眼科医の深作秀春氏によると、抗酸化作用による「目にいいかもしれない」というレベルの報告しかないとのことで、これまで目にいいと信じてブルーベリーのサプリメントを摂取していた方にとっては残念な話かもしれません。

視力回復によいとされるブルーベリー 医学的根拠認められず

http://www.news-postseven.com/archives/20170301_496841.html

記事ではブルーベリーの目に関する医学的な根拠が認められないとし、他にも目にいいといわれる眼球の体操や、目のマッサージなどでも網膜剥離を起こす危険性があると指摘。

目はこするだけでもダメージがあり、老眼を早める可能性があるとし、パソコンや携帯のブルーライトも目にダメージを与えるそうです。

そのうえで、疲れ目を癒すには「温タオル」が有効だとしています。

また疑似科学とされるものの科学的評定サイトによると、

アントシアニンが眼に疲労回復効果があるという信頼できる実験結果は報告されておらず、他のビタミンによる説明はブルーベリーだけを指しているわけではなく、他の食品でも説明可能であるため、ブルーベリー成分の論理性の補強にはならない。

ということで、ここでもブルーベリーの目に対する効果については「論理不全」であると指摘しています。

ちなみに疑似科学とは、科学的事実ではない嘘の科学ということになります。

科学的事実と思われていたものが、実は疑似科学だったといわれることは少なくありません。

たとえば、卵はコレステロール値を上げるから一日ひとつにしておきましょうとか、温泉の成分が体に特効をもたらすとか、そういった類の話ですね。

とはいえブルーベリーが体に悪いわけではもちろんありません。

ブルーベリーは非常に風味のいい美味しい果実で、ビタミンも豊富で、抗酸化作用を有しています。

特定の健康効果を頼るのではなく、ふつうに美味しさを楽しむというスタンスでよいのではないかとも思います。

スポンサーリンク

Twitterでは

健康情報に関しては嘘も本当も含まれているので、情報を聞いて実践することも大事ですが、それ以上に自分の体の声をよく聴いて、判断することが大事だと思います。



スポンサーリンク