プレミアムフライデーは本当に定着するのか? 長時間労働の改善や消費の底上げ効果は?

今日2月24日、プレミアムフライデーが初めて実施されます。

プレミアムフライデーとは、月末の金曜日に、午後3時に仕事を終わらせることを推奨する、日本政府と経済界の主張するキャンペーンです。

プレミアムというのは、「おまけ」だとか、「他のものより価値があること」とか、「高級な」といった意味で用いられますが、プレミアムフライデーといわれてもピンとこないのは、午後3時に退勤することとプレミアムという言葉のイメージが結びついてこないからでしょうか。

ハッピーマンデー制度と同様、週末のプライベートな時間を長くすることで消費を喚起し、長時間労働の改善も生もうという取り組みのようです。

しかしニュースではプレミアムフライデーの効果を疑問視する向きも多く、広く社会に浸透するかどうか、猜疑的な見方も強いようです。

スポンサーリンク

メディア記事

きょうプレミアムフライデー 消費増や働き方改革につながるか

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170224/k10010888141000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001&nnw_opt=ranking-social_b

停滞する消費を盛り上げようと、月末の金曜日に早めの退社を促すキャンペーン、「プレミアムフライデー」が24日から始まります。政府と経済界によるキャンペーンが消費の底上げや働き方改革につながるかどうか注目されます。


「プレミアムフライデー、”ゆう活”のように消えるかも」 労働問題専門の弁護士に、『午後3時退社』が定着するか聞いてみた

http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/23/premium-friday_n_14953786.html

毎月最終週の金曜日は午後3時に退勤するよう呼びかけ個人消費を促す取り組み「プレミアムフライデー」について、日本企業に勤める法務担当者は、「一部の企業の間でしか進まないのではないか」と指摘した。


プレミアムフライデーに、ツッコミたい。午後3時退社って「就業規則違反」じゃないの?

http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/23/premium-friday_n_14952472.html

毎月最終週の金曜日は午後3時に退勤するよう呼びかけ、個人消費を促す取り組み「プレミアムフライデー」が2月24日から始まるが、ふと疑問に思ったことがある。

会社には通常「就業規則」があり、1日の勤務時間が「9時〜18時」など定められているケースがある。そういった場合、定時の前である午後3時に退勤すると、1日分の所定労働時間に満たないとして「就業規則違反」になってしまうのではないか?そして「就業規則違反」とみなされた場合、給与の減額といった罰則の対象になってしまうのではないか?


プレミアムフライデーは日本に定着するのか

http://toyokeizai.net/articles/-/159145

プレミアムフライデーはGDP(国内総生産)の約6割を占める消費が盛り上がらない中、対策を練っていた経済産業省と日本経済団体連合会(経団連)の意向が一致し、昨年の12月に取り組み方針を公表。官民連携の推進協議会も設置された。

推進役の経団連は、最初は旗振り役を務めるが、基本的には企業の自主的な取り組みに任せる方針だ。大和総研の長内智シニアエコノミストは、「モノ消費の場合、金曜日に買っても土曜、日曜に消費を控える可能性がある。(旅行や飲食といった)サービスなどコト消費を拡大させることが重要」と話す。


全体的に、効果が局地的になることを危惧する声が多いようです。

午後3時の退社をさせるのかどうかは各会社の裁量に任されているというのなら、無理をしてでも制度に取り組もうという会社は、政府か経団連のヒモがついた大企業だけじゃないのか、という気もします。

逆に、プレミアムフライデーを当て込んでどれだけ企業が積極的にキャンペーン活動をするのか。これもよほど全体的に午後3時退社が浸透しないと、プレミアムフライデーという言葉が先行するばかりで、毎月末の金曜にわざわざ大きくキャンペーンをするかどうか。

コト消費の拡大が重要という指摘がありましたが、プレミアムフライデーに取り組む企業の周辺の飲食店に多少お金が落ちる効果は見込めるように思えます。

なおTwitterでは、プレミアムフライデーに対する痛烈な指摘が相次いでいます。

Twitterでは


スポンサーリンク