マレーシアで殺害された人物がキム・ジョンナム氏であるのは確実と韓国政府 北朝鮮工作員が殺害か?

金正男氏が殺害されたということで、速報から一夜明けた今、ニュースをまとめてみます。

スポンサーリンク

メディア記事

韓国政府 マレーシアで殺害の男性はキム・ジョンナム氏と発表

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170215/k10010877281000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏が、マレーシアで何者かに殺害されたと韓国メディアが伝えていることについて、韓国政府は15日午前、殺害された人物がキム・ジョンナム氏であるのは確実だと判断していることを明らかにしました。



韓国は情報収集にてんてこ舞い 大統領不在の国政にまた不安要素

http://www.sankei.com/world/news/170215/wor1702150028-n1.html

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害されたとのニュースを韓国各メディアは14日夜、「韓国政府関係者」の話として一斉に速報やトップニュースで伝えた。

一方、韓国のテレビ各局は韓国外務省が「確認できていない」と報じるなど、当初は情報が錯綜。金正男氏が北朝鮮工作員に暗殺された可能性が高いとみて、専門家を出演させるなどの分析報道を続けた。

朴槿恵大統領が弾劾訴追され権限が停止している中、大統領府は「外交、安保の部署が対処する」(韓国メディア)と答えるにとどまり、この間、韓国政府は情報収集に追われた。

記事ではさらに、韓国の”大統領不在の国政運営への影響が注目される”としています。


過去の世襲批判悔い周囲に「許して」漏らす

http://mainichi.jp/articles/20170215/k00/00m/030/143000c

 正男氏とメールなどでやりとりを重ねたとする東京新聞の五味洋治編集委員が12年に出版した「父・金正日と私 金正男独占告白」には、正男氏が北朝鮮の3世代世襲を批判する発言が紹介されていた。公安関係者によると、正男氏はこの世襲批判を悔い、正恩氏に許してほしいと周囲に漏らし続けていたという。


韓国政府「殺害されたのは金正男氏で確実」 遺体と対面

http://www.asahi.com/articles/ASK2H2SHXK2HUHBI00F.html?iref=comtop_8_01

韓国統一省報道官は15日午前の記者会見で「殺害されたのは金正男氏であることが確実だと判断している」と語る一方、「詳しいことは、関係国の発表後に説明したい」とした。

ただ、15日朝現在、正男氏を殺害したとされる女2人の行方はつかめていない。北朝鮮メディアは同日午前まで、事件について報じていない。

韓国政府は、正男氏が「白頭山血統」と呼ばれる北朝鮮指導者の家系である以上、正恩氏の指示や許可なしに正男氏を殺害することはできないとみている。

韓国政府関係者は15日、「正男氏は既に亡命状態で、死亡によって北の体制に大きな影響はない。北も体制が安定しているからこそ、正男氏の殺害に踏み切ったのだろう」と語った。


「調子悪い」と助け求める=正男氏、布かぶせられる?-マレーシア警察

http://news.livedoor.com/article/detail/12675291/

 マレーシア紙「星洲日報」(電子版)によると、空港のあるスランゴール州の警察幹部は、正男氏について「13日午前8時(日本時間同9時)、空港でマカオ行きのフライトを待っている間、正体不明の女に殺害された」と述べた。正男氏は6日にマレーシア入りしていたという。

さらに幹部は「(女は)正男氏の頭に化学物質を含んだ布をかぶせた」と述べた。「針で刺した」という韓国の報道とは食い違っている。この直後、正男氏は空港スタッフに助けを求めたとみられる。

空港の監視カメラによると、布をかぶせた女は北朝鮮人のような外見で、もう一人の女と走って逃げたとみられている。幹部は「殺害の正確な動機は特定できていない。女2人の行方を追っている」と話した。正男氏は、空港からプトラジャヤの病院に搬送されたが、死亡が確認された。


金正男氏、北朝鮮工作員が殺害か 米が認識、亡命阻止説も

https://this.kiji.is/204334924720244213?c=39546741839462401

 韓国紙の中央日報は15日、北朝鮮消息筋の話として、正男氏が最近、韓国亡命を図り「北朝鮮が阻止するため殺害したとの情報がある」と伝えた。

Twitterでは


もやが晴れてきた感じはありますが、情報は依然錯綜しています。

スポンサーリンク