「日本死ね」を表彰したユーキャンが炎上、Wikipediaページを書き換えられる

「保育園落ちた日本死ね」を表彰したユーキャンの問題で、Wikipediaが「ユーキャン死ね」に書き換えられていたそうです。

http://www.buzznews.jp/?p=2104428

「新語・流行語大賞」に「保育園落ちた日本死ね」がトップ10に選ばれ、民進党の山尾志桜里議員が満面の笑みでこれを受賞したことにユーキャンが炎上しています

最近のネット上では民進党アレルギーの人々が暴れまわってるようで、たいした意見や思想はないけど、長いものに巻かれたいという人々が、とりあえず民進党叩いとけば間違いないだろう、といって大騒ぎしている状況です。

言葉を扱う場で「死ね」を流行語に選ぶユーキャンも、嬉々として受賞に出席する議員もどうかと思いますが、現状では民進党が何かやったら全部炎上、という構図になってるように思えます。

こちら、受賞に参加した山尾しおり氏。

こちら、それを祝福する前原誠司氏。

メディアは影響力がある、ということを理解してないんでしょうね。

そういわれれば、国家の死を願うって、どういうことなんでしょうね。

馬鹿なことを考えるようですけど、よくよく考えれば、ブログを書いた人はなぜ保育園に落ちたことで「日本死ね」と思ったのか。

なぜそれを民進党は取り上げたのか。

保育園に落ちるような国民のいる国家は死ぬ、と思ったのか。

ただ、民衆を焚きつけたかっただけなのか。

このあたりに、炎上する理由がありそうな気がする(;´Д`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク