レェ・ティ・ニャット・リンさんの死体遺棄事件 逮捕された渋谷恭正容疑者(46) は学校の保護者会長だった

千葉県我孫子市で小学3年のベトナム国籍、レェ・ティ・ニャット・リンさんの遺体が見つかった事件で、自称不動産賃貸業の渋谷恭正容疑者(46)が死体遺棄容疑で逮捕された、ということでニュースになっています。

容疑者はリンさんが通っていた松戸市立六実第二小学校の保護者会「二小会」の会長だったということです。

リンさんは3月24日の朝に登校してから行方不明になり、26日の早朝、我孫子市の排水路そばで遺体となって見つかりました。

遺体は衣服などを身につけておらず、死因は首を絞められたことによる窒息死ということです。

Twitterではこの件に対して怒りの声が圧倒的多数を占めていますが、一部で「加害者の子供が心配だ」という声もありました。

メディア記事

リンさんの父親「逮捕の知らせを長い間待っていた」「心晴れない」

http://www.sankei.com/affairs/news/170414/afr1704140015-n1.html

 千葉県松戸市のベトナム国籍、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の殺害事件で、40代の男が逮捕されたことについて、リンさんの父親レェ・アイン・ハオさんは14日、「逮捕の知らせを長い間待っていた。容疑者が誰か(私は)分からないので、心は晴れない」と話した。共同通信の電話取材に答えた。

ハオさんらリンさんの家族は事件後、葬儀などのため、遺体と共にベトナムに一時帰国している。


容疑者は同じ学校の保護者会長 見守りも 女児殺害事件

http://www.asahi.com/articles/ASK4G31MKK4GUDCB007.html?iref=comtop_8_01

 千葉県我孫子市でベトナム国籍で小学3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)=同県松戸市六実(むつみ)5丁目=の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された渋谷恭正容疑者(46)は、リンさんが通っていた松戸市立六実第二小学校の保護者会「二小会」の会長だったことが14日、周辺の住民への取材でわかった。渋谷容疑者は昨年度に会長を務め、今年度も続投の意向を見せていたという。

Twitterでは