中国のいまどきインターネット事情 ほか【気になったニュース】

気になったニュースです。

メディア記事

現地取材で分かった「トランプ支持者」の正体

http://toyokeizai.net/articles/-/155269

記事は、トランプ大統領に納得のいかない記者が、現地でトランプ支持者の話を聞いて理解を深めるというもので、なぜアメリカの大衆がトランプを支持したのか、ヒラリーがなぜダメだったのかということを、外側の目線からわかりやすく解説しています。

人は1日6万回も思考している! 疲れた心をリセットする“心の整理術”とは?

http://wpb.shueisha.co.jp/2017/01/25/78877/

ストレスのたまりやすい日常に、マインドフルネスが有効であるとし、

「現代人は考えすぎ。私たちは1日6万回以上も思考していると言われていますが、その9割が同じことを繰り返し考えているそうです。あれこれ考えずに呼吸だけに10分集中するのは、相当訓練された人じゃないと難しい。しかし、雑念が湧いたら気づいて手放す、そしてまた呼吸に意識を向ける。その繰り返しで、意識をコントロールする力が鍛えられます。ネガティブな思考も手放せ、ムダなストレスが減りますよ」

と述べています。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マインドフルネス瞑想入門 [ 吉田昌生 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/1/26時点)


長崎・対馬の盗難仏像、所有権を主張する韓国の寺への引き渡し命じる判決 韓国・大田地裁 仏像、日本に返さず

http://www.sankei.com/world/news/170126/wor1701260016-n1.html

長崎県対馬市の観音寺から2012年10月に盗まれ、その後、韓国で発見された県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」の所有権を主張する韓国の寺が、像の引き渡しを韓国政府に求めていた訴訟で、大田(テジョン)地裁は26日、像を韓国の寺に引き渡すよう命じる判決を言い渡した。

浮石寺は、像が14世紀に韓国で作られて倭寇に略奪されたものだと主張していました。

この1年でインターネットが私たちの生活に与えた影響とは?

http://j.people.com.cn/n3/2017/0125/c95952-9171580.html
  • 中国のネットユーザー数が昨年12月時点で7億3100万人に達した
  • デリバリーサイト利用者は昨年12月時点で2億900万人にのぼった
  • 微信モーメンツ(グループチャット機能)とQQ空間は通信ツールから派生したSNSで、ユーザーの利用率は前者が85.8%、後者が67.8%
  • ライブ配信の利用者は6月比1932万人増の3億4400万人に達し、ネットユーザー全体の47.1%を占めた

中国でのネットの発展が目覚ましいようです。