千葉1区から出馬意向の長谷川豊氏は、橋下徹イズムの再来か?

次期衆院選に向けて、日本維新の会が元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏を千葉1区で擁立するとのことでニュースになっています。

産経は長谷川氏の謝罪の姿勢を強調する形で擁護の姿勢を打ち出していますが、Twitterでは非難の声が多い状況です。

メディア記事

元フジアナウンサー長谷川豊氏「言動が全部稚拙」「社会人として不適切な態度」「めちゃくちゃだった」と反省、謝罪 「やり直す姿見せるんだ」…出馬会見一問一答

http://www.sankei.com/premium/news/170206/prm1702060007-n1.html

 千葉県庁で6日に記者会見を行い、次期衆院選の千葉1区から日本維新の会公認で出馬する意向を表明した元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(41)。会見では昨年9月にブログで「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ」などと書いたことを謝罪するとともに、「『一度失敗した人間が、反省と謝罪をしてもう一度やり直すんだという姿を見せてみろ』と後押しをもらった。千葉のために役に立ちたい」などと述べた。

長谷川豊氏、維新から出馬へ 会見で人工透析ブログ釈明

http://www.asahi.com/articles/ASK264SDBK26UDCB00S.html

 長谷川氏は昨年9月に「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」などとブログに掲載し、批判を受けた。6日に千葉県庁で記者会見した長谷川氏は「偏見を与えかねない内容でした。深く謝罪させていただきたい」と釈明した。

同席した馬場伸幸幹事長は「発信自体は不適切であったが、そのことをもって社会から永遠に退場させられるということは我々の理念とは違う」と説明した。

元フジアナウンサー 長谷川豊氏「千葉の再生が日本の再生につながる」 維新が千葉1区に擁立で会見

http://www.sankei.com/politics/news/170206/plt1702060024-n1.html

 この日の記者会見で長谷川氏は、まずブログの炎上騒動について「社会保障システムなどについて極論を言ってハレーションを起こしてでも議論を起こしたいと考えた。すべて稚拙だった」と反省の言葉を口にした。

千葉1区で出馬する理由では「約17年間、千葉市内に住んでいて大好きだが、もったいないが多い。(同市美浜区の)幕張新都心は空き地だらけ。勇気をもって挑戦する姿勢が千葉には欠けている」と説明。維新からの出馬については「ブログで安倍政権を支持すると言い続けていたが、安倍政権と地方の自民党は分けて考えた方がいいというのが私の持論。維新は実行力があり、なれ合いをしない。一員になれてうれしい」と語った。

事実上の出馬宣言した長谷川豊氏が早くもTwitterで千葉市長と火花「この姿勢は少々残念だ」

http://www.buzznews.jp/?p=2105971

長谷川豊氏は2月6日の記者会見で「幕張新都心なんて空き地だらけ」「改革するという姿勢が千葉に少し欠けている」などと述べ、行政に批判的な見方を示していました。するとこの部分を取り上げたメディア記事に熊谷千葉市長が疑問を呈します。

「誤ったマイナスイメージを与えかねない」として「勘弁頂きたい」と語る千葉市長に対し長谷川氏は「ネットで全編動画配信もされているにも関わらずこの姿勢は少々残念だ」「そもそも」などと語り出し「私がまるで勉強不足かのような表現をするのであれば」「確認してほしかった」「応援していただけに残念」などと述べ、「ぜひ頑張ってもらいたい」と上から目線とも思えるような姿勢で話していました。

長谷川氏はその後、Twitterの返信機能について周囲から「敬語を使うべきだ」と指摘されたとし、礼を失した対応だったとは述べているものの、熊谷市長は記者会見で長谷川氏が発した言葉について「確かにその発言をされたと確認しています」としており、早くも火花が散ったとの印象を残しています。

記事ではこの後に、熊谷俊人千葉市長と長谷川豊氏のやり取りが書き起こされています。


長谷川豊氏はプレゼンについての本も出していますが、強い野心と他者への影響力を兼ねた、橋下イズムの継承者になるかもしれない素質があります。

(参考)橋下徹氏は「詭弁家」である

長谷川氏自身も述べていますが、ブログでの人工透析患者に対する記事では”極論を言ってハレーションを起こしてでも議論を起こしたい”として、意図的に周囲に影響を与えようと狙っていたことがわかります。

つまり、炎上自体は想定外でもなんでもなく、計算されたものであったということで、想定外だったのは、自身の社会的立場を奪いかねないほどの大炎上になってしまったということでしょう。

維新が目をつけたのは、良くも悪くも大きいその影響力だろうと思いますし、長谷川氏もそれを理解していると思いますし、その姿勢はすでに熊谷俊人千葉市長との舌戦にあらわれています。

個人的には今はまず当選するのかどうか(民意が長谷川氏の考え方を支持するのかどうか)、そこから氏の野心家としての実力や、県政に対するビジョンを見極めたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

魔法のように良く分かる「伝わるプレゼン」の教科書 [ 長谷川豊 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/7時点)


Twitterでは

Twitterをみていると、人工透析患者問題をきっかけにした長谷川氏への嫌悪感は相当なものだと感じました。

そして、あの不寛容の論調がそのまま政治に反映されることを恐れる声も多いようです。