大谷翔平の大食漢ぶりが話題に 焼き肉なら10人前を軽く平らげる ふだんは一日5食で間食にプロテイン

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平さんの食事量が話題になっています。

スポンサーリンク

メディア記事

「大谷翔平」16人決起会で店の「焼き肉」食い尽くした

http://smart-flash.jp/sports/16871

「もう肉がないんだよ!」
焼き肉店の店主の悲鳴が沖縄県名護市の空に響いたのは2月中旬の夜。同市内でキャンプ中だった北海道日本ハムファイターズの若手選手は、市内の焼き肉店で大谷翔平(22)を囲み「決起集会」を開催した。

「先輩の中田翔が大食漢で有名だが、大谷はさらに上をいく。焼き肉は大好物で、10人前は軽くたいらげる。ふだんは栄養士の指導のもと、体を大きくするために一日5食を続けている。間食はプロテインだ」


大谷の高校時代の食事量wwwwwwwww

http://blog.livedoor.jp/fightersmatome/archives/30324248.html

朝飯 丼3杯
昼 春雨スープ(スープは残す)
夜 丼7杯

これで入学時から身長6cm体重20kg増加成功


アスリートに必要なのは、体の強さもそうなんですが、それ以上に「常人離れした内臓の強さ」のようです。

そういえば、ふつうの体型の人が体重100kgを超えて維持するには、ある種の才能が必要なんだそうです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14149665359

日本では相撲やプロレスでの大食いエピソードや、世界に名だたるフードファイターのテレビ番組など、底抜けの胃袋を持つ人を見慣れているところがありますが、それでも、アスリートとしてのベストコンディションを維持するために、一日5食でプロテインを間食にするというのは、ちょっと誰にでもできることではないと思います。

しかし、どうも調べてみると、日本ハムには大谷翔平さんをもしのぐ大食漢がいるそうな……。

有原投手の大食い伝説

http://proyakiu.net/2016/11/17/%E6%9C%89%E5%8E%9F%E6%8A%95%E6%89%8B%E3%81%AE%E5%A4%A7%E9%A3%9F%E3%81%84%E4%BC%9D%E8%AA%AC/2/

アリゾナでステーキを食べに行った時、700〜800グラムも食べたのにまだそれでも足りないと話し、ハンバーガーを一瞬で食べることもありました。

スポンサーリンク