小型犬を膝の上に乗せながら車を運転するのは法律的に大丈夫?

昔、車の後部座席に飼い犬を乗せて運転したことはありましたが、どうも最近では運転者が膝の上に小型犬を乗せて運転するケースがあるとのことで、ニュースになっていました。

で、膝の上に小型犬を乗せて運転するのは法的に大丈夫なのかってことなんですが……。

スポンサーリンク

メディア記事

[危険]愛犬を膝の上に乗せて運転するのは道交法違反!

http://mainichi.jp/articles/20170129/ctp/00m/020/001000c

記事によると、犬を膝に乗せて運転するのは道交法第55条に違反するということでした。

道路交通法第55条

「車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない」

違反者は、反則金  普通車6000円/中・大型車7000円違反点数(減点)  1点

のペナルティが課せられる。

というわけで、膝の上に子犬を乗せて運転する行為は、アウトです。

一時停止違反より低いペナルティですので、厳しい罰則ではありませんが、小型犬であれば、「膝の上に乗せて運転するくらい大丈夫じゃないの?」と思う人もいるかもしれません。

大丈夫だと思っていた方は、警察につかまらないうちに、というよりも、事故を起こさないうちに運転意識を見直したほうがいいでしょう。

Twitterでは

https://twitter.com/aaaaaa_0825/status/818788717879926784


去年までさかのぼってツイートを拾っていきましたが、実際に膝の上に犬を乗せて運転している人のツイートも含め、注意喚起する人、犬を膝にのせて運転する人を見たというコメントが多くて驚きました。

特殊なケースを取り上げてるんだろうと思ってたんですが、かなり表面化した問題なのかもしれません。

スポンサーリンク