日本でもアルコール規制の流れか 飲み放題禁止、酒の安売り禁止、酒類の広告規制などが今後進む可能性も

ポストセブンによると、世界でアルコール規制の動きが強まっていることで、日本でも今後アルコールの規制が進められていくのではないかということです。

記事では具体的には、「酒の安売り禁止」「飲食店での飲み放題禁止」「酒類の広告規制」を挙げ、欧米、アジア諸国でアルコール規制の流れが強まっていることについて述べています。

日本ではアルコール依存症対策として、ディスカウントストアでの酒の過剰な安売りの規制に乗り出していますが、記事では今後タバコの規制と同様に、アルコールの税率を上げることで販売を抑制していく流れをとる可能性を示唆しています。

この記事に対してTwitterでは「飲み放題禁止」がトレンド入りするほどの話題となっています。

どちらかといえば飲み放題禁止については賛成の声が多かったのですが、中には国民の嗜好を次々に規制していく流れに反対の声をあげる向きもありました。

スポンサーリンク

メディア記事

呑んべぇ天国の日本で飲み放題禁止、酒類広告規制の動きも

スポンサーリンク