東芝、米国での原発事業を巡り1千億円規模の損失計上へ

現在経営再建中の東芝が、米国での原発事業を巡って平成29年3月期決算で1千億円規模の損失計上を検討しているようです。

不正会計で4600億円の赤字に陥った東芝ですが、半導体事業で持ち直すかとみられたところへの今回の巨額損失。

東芝の株価は10時時点で前日比49円安の393円。11%の大幅安になっています。

メディア記事

https://this.kiji.is/186265106700158458?c=39546741839462401

 経営再建中の東芝が、米国での原発事業を巡り2017年3月期決算で1千億円規模の損失計上を検討していることが27日、分かった。同日開催の取締役会で協議するが、損失額はさらに膨らむ恐れもある。


http://www.sankei.com/economy/news/161227/ecn1612270007-n1.html

 東芝は昨年12月、米原子力子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)を通じて原発の建設を手掛ける「CB&Iストーン・アンド・ウェブスター」を買収。この会社の資産価値を精査した結果、損失の計上が必要と判断したとみられる。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161227/k10010820981000.html

関係者によりますと、この会社の収益状況をもとに資産価値の見直しを進めた結果、東芝は今年度(2016年度)のグループ全体の決算で巨額の損失を計上する見通しになったということです。損失は、数千億円規模に上る見通しで、精査の状況によっては5000億円規模に達するおそれもあり、詰めの作業を急いでいます。

東芝のアメリカの原子力事業をめぐっては、昨年度(2015年度)の決算で、ウェスチングハウス本体の資産価値を見直した結果、およそ2600億円の損失を計上しており、原子力関連の事業で巨額の損失が相次ぐ異例の事態となっています。

NHKニュースによると、2006年に買収した大手原子力プラントメーカーのウェスチングハウスですが、東芝は不正会計の問題が明らかになったあとになって突然ウェスチングハウスの巨額の損失計上を明らかにしたそうです。

今回の新たな損失に関しても、去年の不正会計問題の延長線上の問題ということになります。


http://www.morningstar.co.jp/msnews/news?rncNo=1765569

 東芝<6502>が急落、一時72.1円(16.3%)安の371円まで売られている。午前10時15分時点の東証1部値下がり率第2位。NHKは27日、傘下の米ウエスチングハウス(WH)が昨年末に買収した米原子力サービス会社CB&Iストーン・アンド・ウェブスター(S&W)の資産価値を見直したため損失を計上する見通しで、精査状況によっては5000億円規模に達するおそれがあると報じたことを嫌気している。


http://textream.yahoo.co.jp/message/1006502/elbcg

含み損で何年も塩漬けにしてました。東芝が大好きです。テレビはREGZAだしレコーダーはVARDIAです。
今回の件はさすがに許せません。売り方に回りました。なぜ6000億で買った会社の減損が4000億超になるんでしょうか。
赤字垂れ流しです。今回は上場廃止もありえます。

これは年末の池上さん番組で取り上げられる素材ですね。でも東芝は工場の土地家屋の含み資産あるから潰れはしないダロナ(^-^ゞ

textreamでは不透明な先行きに対して憶測を含めて株主たちが大騒ぎしてます。

株式カテゴリのアクセスランキングでは2位となっており、関心の高さがうかがえます。

Twitterでは

Twitterでは心配する声、絶望する声、さまざまでした。個人的に顧客対応の悪さはわたしも以前経験したことがあり、ずいぶんあぐらをかいた経営をしてるもんだなと思ったことがありますw

一事が万事だ、と言ってしまえばそれまでですが、日本の大企業としての意地を見せてほしいものだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク