栃木県の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生 登山をしていた高校生らが巻き込まれる

27日午前9時20分ごろ、那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生し、登山の講習会を受けていた山岳部の高校生ら合わせて7人が巻き込まれ、このうち高校生6人が心肺停止の状態だということでニュースになっています。

メディア記事

高校生ら遭難6人心肺停止3人不明 栃木のスキー場

http://mainichi.jp/articles/20170327/k00/00e/040/197000c

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で、雪崩が発生したと110番があった。地元消防に現場から入った連絡によると、高校生6人が心肺停止の状態で見つかったほか、3人が行方不明。3人が負傷しているという。


スキー場で雪崩 高校生6人が心肺停止 栃木 那須町

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170327/k10010925981000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&nnw_opt=news-main_a

NHKが雪山登山の講習会に参加している栃木県内の7つの高校に取材したところ、講習会には、各学校の生徒55人と引率の教諭11人の合わせて66人が参加しています。

このうち、県立大田原高校では1年と2年の男子生徒12人が参加していますが、詳しい状況がわかっておらず、確認を急いでいるということです。

また、私立の矢板中央高校では山岳部の1年と2年の生徒5人と顧問の教員2人の合わせて7人が参加していますが、教員の携帯電話がつながらず安否の情報が入っていないということで、引き続き情報収集を進めています。

一方、県立宇都宮高校や県立那須清峰高校、県立矢板東高校、県立真岡高校、それに県立真岡女子高校の5つの高校では、参加した生徒や教員全員の無事が確認されているということです。


スキー場で雪崩、高校生6人心肺停止か 3人不明 那須

http://www.asahi.com/articles/ASK3W3H4NK3WUUHB00D.html?iref=comtop_8_01

 那須塩原署や消防によると、25~27日、栃木県高校体育連盟が主催し、県内の高校1、2年生57人が参加する登山訓練が行われていた。高校生らは27日午前7時半から登山を始めたという。県警によると、現地は悪天候が続き、ヘリコプターが飛べない状況だ。

Twitterでは