森友学園問題、幕引きか

森友学園問題をまともに報じなかった主流メディアですが、ここにきて幕引きが現実のものになりそうです。

【アベ小学校疑惑】マジで幕引き図る政権とマジで追随するマスコミ

http://tanakaryusaku.jp/2017/02/00015405

 「与党の方がもう幕引きを図りたいということなのか。採決をどんどん提案している」。こう話すのは民進党の衆院予算委筆頭理事である長妻昭議員だ。

長妻氏の言う通り「平成29年度予算案」は来週前半に衆院予算委で採決される見通しだ。予算案が採決されれば予算委員会は開かれなくなる。

安倍晋三記念小学校への国有地タダ売り疑惑は、少なくとも衆院で日の目を見ることはなくなる。

官邸の思惑を察してか。大阪以外のマスコミは幕引きモードに入ったようだ。


今回の件は、国政と地方政治(大阪府政)と日本会議が癒着して、大阪での土地取得に関して裏の取引があったのではないか……というより、ほぼ真っ黒だということで大問題になっているわけですが、主流メディア(新聞・テレビなど)もバッチリ癒着しているために問題を消極的にしか報じないという状態です。

しかし今の段階で安倍政権が破綻したとしても、野党に力がない現状では、問題解決に至らぬどころか、政情不安を引き起こすだけというのも事実です。

個人的には、この一件を蟻の一穴とし、自民党と渡り合える野党の確立を急ぐ機運に結び付けてほしいと思っています。

また国民が「もはや主流メディアは権力側について国民を操作することしか考えていない」ということに気づいて、オルタナティブメディア(代替メディア)の必要性に目覚めることが重要だと思います。

代替メディアとは、Twitterやフェイスブックなどの個人メディア、あるいは紐のついていないジャーナリストによる発信など、主流メディアが伝えないことを伝える存在です。

トランプ大統領が、Twitterから主流メディアを批判しているのは、わかりやすい例です。

今回の森友学園問題では、日本の主流メディアがこの大問題に口を閉ざし、ジャーナリズムを放棄していたことが明らかになりました。

ここに国民が気づいて、主流メディア依存から脱却することができれば、新しいうねりが生まれるのではないかと思いますが、そのためには日本にもオルタナティブメディアをメインストリームに引っ張り上げる旗手が必要だと思いますし、まだ日本には旗手がいない、とも思います。



スポンサーリンク
スポンサーリンク