毛布利用で1400円請求されて66歳の乗客男性がブチ切れ、ハワイ便が行先変更

米ハワイアン航空のラスベガス発ホノルル行きの便で8日、機内が寒いため毛布の利用を頼んだ乗客男性(66)が12ドル(約1400円)の支払いを要求されて激高、乗客が指示に従わなかったことを理由に、ロサンゼルスに行き先を変更する騒ぎがあったということでニュースになっています。

スポンサーリンク

メディア記事

「毛布代12ドル」に乗客が激高、ハワイ便が行き先変更

http://www.cnn.co.jp/business/35097909.html?tag=top;topStories

ロサンゼルス国際空港警察によると、8日にホノルル行きのハワイアン航空便に搭乗した男性乗客(66)が、毛布を頼んだところ12ドル(約1400円)を請求されたことに腹を立て、乗員を脅迫したという。

男性は、毛布が必要だったのは機内が寒かったためであり、代金を払わされるのは不当だと主張。機内からハワイアン航空に電話して、「誰かに罰を受けさせる」と発言したとされる。

同機は「指示に従わない乗客」を理由に行き先を変更してロサンゼルスへ向かい、到着後に警察と米連邦捜査局(FBI)が乗員や乗客から事情を聴いた。その結果、男性は重大な危険を生じさせる人物ではないと判断し、事件性はなかったと認定した。


毛布利用に1400円要求され乗客逆上、米航空機が行き先変更

http://www.afpbb.com/articles/-/3120760

 ロサンゼルス空港警察の報道官、ロブ・ペドレゴン(Rob Pedregon)氏がAFPに語ったところによると、離陸後に寒気を感じた男性は毛布を使いたいと依頼したが、料金として12ドルを要求されたため激怒し、ハワイアン航空の代表者と話がしたいと要求したという。

ペドレゴン氏は「機内からの電話で男性は『この件で誰かをたたきのめしてやりたい』と言ったらしく、パイロットはこれを脅迫行為とみなし、ロサンゼルスへの針路変更を要請した」と述べた。

旅客機がロサンゼルスに到着後、警察当局と米連邦捜査局(FBI)の職員が男性と客室乗務員から事情を聴き、違法行為はなかったと判断された。男性は同じ便での移動を断念し、別の便に乗り換えたという。


よほど腹が立ったのだろうと思いますが、結局他の乗客も巻き込む形になって、同乗者にとっては気の毒なことです。

ネットに慣れ親しんだ人であれば、その場で事を荒立てるのでなく、到着してから自分の考えを航空会社に伝えたうえで、顛末をSNSに投稿するなどして問題提起をするという方法もあったと思います。

Twitterでは

スポンサーリンク