益若つばさがデザイン盗作騒動を謝罪【なんで謝罪文すぐ消した?】

益若つばさ(31)が、自身がプロデュースするファッションブランド「EAT ME」において、ブランド名が入ったロゴが、ヴィジュアル系バンドSuGのボーカル武瑠がデザインしたものと酷似していると指摘され、謝罪しました。

双方での話し合いもあり問題が解決したかに思われましたが、謝罪文がすぐ消されるなどの行動が不誠実だとして、武瑠側のファンから批判が起こっているようです。

メディア記事

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1753479.html

「悔しくて悲しくて一晩中泣きました」という益若。「今回の件は本当に本当にショックだし、これから話し合い、二度とこんなことがないようにデザイナーさんや会社の方にも気をつけていただきたいし私も気をつけます」とし、「被害にあわれたご本人様、普段愛用してくださっていて大丈夫なのか心配になってしまったみなさん、本当にお騒がせいたしました。ごめんなさい」と謝罪した。

http://news.goo.ne.jp/article/nikkangeinou/entertainment/f-et-tp0-161216-0039.html

武瑠も「きちんと受け止めて、SNS上だけではなく本人からの正式な謝罪もあったので、その行動を尊重したいです」と直接謝罪を受けたことを明かし、水に流した。

しかし益若は16日未明に「ご本人とやりとりをし、謝罪と経緯を話しました。これ以上は逆に迷惑をかけてしまうので消します。みなさんもお騒がせしてすみませんでした」として、当該ツイートや謝罪ツイートも削除。これによって武瑠ファンの間では「謝罪ツイート消すの早くないですか?一晩経たずに消すなんて、相手方にも、あなたやEATMEのファンに対しても不誠実に感じます」「迷惑かけるってあなたが困るからでしょ?」「ご本人を考慮して消したのならば、今回の出来事をブランドとして重く受け止め、今回あったことを説明し、纏めたものをブランドとして掲載するべきではないでしょうか?」といった新たな批判もあがっている。

当事者の間で問題が解決といっても、当事者双方が有名税を払う立場ですから、世間に対して「これ以上は関係ない問題です」という姿勢ではすまされません。

このご時世、問題があったときに保身に回るとすぐに叩かれますし、自分の知名度を利用して人を使役して儲けを出してるんだから、そのぶんいざというときには世間に対して全力で責任をとる姿勢が必要だと感じました。

Twitterでは

https://twitter.com/SNKN_yeah/status/810108745845915649

Twitter上でもほとんどが厳しい声でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク