胆石ができる原因は脂肪肝と酸素不足! 東北大が解明

脂肪肝で酸素不足だと胆石ができやすくなることを東北大が解明したということで、ニュースになっています。

スポンサーリンク

メディア記事

脂肪肝で酸素不足だとできやすい 東北大が解明

http://mainichi.jp/articles/20170220/k00/00e/040/177000c

  東北大の研究グループは、脂肪肝になって肝臓の細胞に酸素が不足することで胆石ができやすくなることを解明したと、米消化器病学会誌に発表した。生活習慣の改善によってメタボリック症候群や脂肪肝を予防すれば、胆石症も防げる可能性があるとしている。

胆石は胆汁に含まれるコレステロールや色素が固まってでき、大きくなると激しい腹痛を伴う胆石症や胆のう炎などを引き起こす。脂肪肝になると胆石もできやすいと指摘されていたが、メカニズムの詳細は不明だった。


メタボだと胆石が増えやすい謎 マウス研究で「肝臓の酸素不足」だった

http://www.j-cast.com/healthcare/2017/02/14290544.html

〈引用元〉http://www.j-cast.com/healthcare/2017/02/14290544.html

   山田准教授らは、メタボの人に特徴的な脂肪肝(脂肪過多な肝臓)では、脂肪の影響で血流が低下し、肝臓の細胞が酸素不足に陥っていることに注目。マウスの肝臓を使って観察したところ、肝臓の細胞が酸欠になると、胆汁に水分を供給する働きを担うたんぱく質を減少させる「HIF-1α」という物質が活性化してしまい、胆汁が濃縮されて胆石形成が促進されていることがわかった。

HIF-1αが機能しないように遺伝子を操作したマウスでは胆石ができないことが確認されている他、胆石がある人の肝臓でHIF-1αが活性化していることも発見しているという。

Twitterでは


身近にも胆石症で胆嚢を取ったという人はかなり多いです。

脂肪肝が原因ということがはっきりした以上、ふだんから暴飲暴食をなさってる方は気を付けましょうね。


↑お値段お高めですけど、評価も高めです。


スポンサーリンク