赤字の立て直しのため郵便はがき62円に値上げ 定形外郵便とゆうメールも料金改定

来年の6月から郵便はがきを62円に値上げすると日本郵便が発表しました。

理由は「収益悪化が続く郵便事業の立て直し」です。

年賀はがき(12月15日~翌1月7日に投函されるもの)については黒字のため52円に据え置くということです。

また、定形外郵便とゆうメールにおいても、所定の規格に収まるかどうかによって料金を分けて設定することになります。

メディア記事

https://this.kiji.is/184596363500537340?c=39546741839462401

値上げにより収益悪化が続く郵便事業の立て直しを急ぐ。まとめて集配できる年賀状は黒字のため52円に据え置く。封書も82円を維持する。

はがきの配達数は減少傾向が続いており、15年度の営業損益は294億円の赤字だった。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122200699&g=eco

日本郵便は今回の値上げで年間300億円程度の増益効果を見込み、郵便事業の営業黒字を17年度も確保できるとみている。

http://www.asahi.com/articles/ASJDQ5J8ZJDQULFA026.html

年賀はがきについては、12月15日~翌1月7日に投函(とうかん)されるものは52円で据え置く。

http://news.mynavi.jp/news/2016/12/22/448/

定形外郵便物の新料金

ゆうメールの新料金

Twitterでは

さすがにふだん一般的にそれほどたくさんはがきを使う機会がないせいか、感情的な意見はほとんどありませんでした。

が、定形外郵便やゆうメールが同時に料金改定されていることや、端数のまま値上げになっていることへの不満の声があがっており、個人的にも定形外の規格外という考え方は、言葉が似通っているだけにややこしいと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク