長島昭久氏、民進党離党 記者会見における声明文に感心した件

民進党からの離党を表明した長島昭久氏ですが、会見における声明文は、バランスのいい考え方だと思いました。

仮にこの声明文に沿って新党の立ち上げということになれば、現行のカルト保守思想および保守政権、民進党のあり方に不満を抱く層、そして日和見層が一気に動き出す可能性があるのではないかとさえ思いますが、まずはあくまで「芽が出た」という段階で、この理念が今後どのように形を作るのか、あるいは今の日本の土壌には根差さないのか、行方に注目したいと思います。

スポンサーリンク

メディア記事

「『アベ政治を許さない!』と叫ぶことを求められた。熟議も提案もない」と痛烈批判

 長島昭久衆院議員が10日、国会内で記者会見を開き、民進党からの離党を表明した。会見の冒頭、「独立宣言-真の保守をめざして」と題した声明文を読み上げた。

長島氏は声明文において、まず離党の最大の原因を”保守政治家として譲れない一線を示す”ためだとしました。

また、個々の共産党議員は優秀で常々敬服していたとしたものの、民進党と共産党との共闘路線は受け入れがたいものだと述べています。

長島氏にとって離党の大義は「真の保守をこの国に確立したい」というもので、日本国内に保守とリベラルによる分断の萌芽が拡大していることを憂慮。

与党への対決姿勢だけを強める民進党への批判、リベラルによる寛容さに欠ける攻撃的な姿勢への批判をしながらも、

政権の側にしばしば見られる独善こそ厳に慎むべきものだと申し上げておきたい。

と保守政権のあり方についても批判。

教育勅語を信奉していれば保守だといわんばかりの粗雑なキャラクターが際立っています。

として、保守思想全体の劣化についても指摘。

さらに、

「真の保守」というのは、国際社会でも通用するような歴史観と人権感覚を持ち得なければならないと考えております。不寛容なリベラルも、粗雑な保守も、1度立ち止まって国内外の現実を直視し、それぞれの議論を整理し直すべきではないかと考えております。

として、暴走しかかっている保守とリベラルの姿勢について熟考を求め、「中庸を保つ強い意志と高い理想をもった真の保守」という大義を目指すと述べました。


蓮舫代表の対共産党戦略「理解できない」と批判

http://www.sankei.com/politics/news/170410/plt1704100019-n1.html


民共共闘「ずっと違和感持っていた」 テロ等準備罪への党対応に「国民はそんなバカじゃない」

http://www.sankei.com/politics/news/170410/plt1704100020-n1.html


ちょっと産経新聞の見出しが恣意的で惑わされそうになりますが、実際には長島氏は、民進党員として行き詰ったから離党するという一面だけでなく、今の保守のあり方ではダメだと考えていることには注意が必要です。

そのうえでこの声明文からは、国民の顔色ばかり窺って自党の明確なスタンスを確立できず右往左往している現在の民進党に比べれば、はるかにわかりやすい大義が示されており、時代の風を読んで動いたな、という感じもします。

個人的には、長島氏個人の動きもそうですが、「新しい保守政党」についての具体的な考え方の一例が示されたということで、これが今後どういう流れを作り出していくのかということに、注目しています。

スポンサーリンク