70歳以上医療費、自己負担増へ

安倍政権がなかば力づくで推し進めてる物価高、賃上げは、今現在働いている層に富を与え、所得がない人や年金受給者の受け取る富を減らすことを目的にしてます。

年金カットも現実味を帯びてきたし、介護保険もぐらついてきています。

今のままではもはや逆ピラミッド型の人口構造の日本はやっていけないというわけで、庶民の暮らしは真綿で首を絞められるように苦しくなっていきます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000017-mai-soci

高額療養費制度について、

見直し案では70歳以上の「一般所得者」の入院負担上限を4万4400円から5万7600円に引き上げる。70歳以上が対象の外来受診のみの上限特例も、年収約370万円以上の「現役並み所得者」の上限を4万4400円から5万7600円に、「一般所得者」も1万2000円から約2倍の2万4600円に引き上げる。350億円の財源が捻出できる見込み。

また年金収入が153万~211万円と比較的低い人向けに、所得に応じた保険料を5割軽減している特例は廃止。定額部分の保険料で8.5~9割軽減している特例は新たに75歳になる人を含め当面存続する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク