「 2017年05月 」一覧

スポンサーリンク
風力発電所でゴンドラが落下し作業員の松井栄さんと星野光明さん2人が死亡

風力発電所でゴンドラが落下し作業員の松井栄さんと星野光明さん2人が死亡

石川県志賀町酒見の「あいの風酒見風力発電所」敷地内でゴンドラが落下し、富山県小矢部市の松井栄さん(43)と大阪府富田林市の星野光明さん(53)が亡くなったという...

記事を読む

日大東北高校の相撲部顧問 部員へのデッキブラシで直腸粘膜を傷つける暴力行為からまる一年経って傷害容疑で書類送検 

日大東北高校の相撲部顧問 部員へのデッキブラシで直腸粘膜を傷つける暴力行為からまる一年経って傷害容疑で書類送検 

日本大学東北高校(福島県郡山市)の相撲部で、顧問だった20代男性元教員と非正規職員の男性コーチが、「指導」と称して部員に暴力行為を繰り返していた件が、昨年末から...

記事を読む

北朝鮮、意外な経済発展 「メイド・イン・北朝鮮」製品の質が向上

北朝鮮、意外な経済発展 「メイド・イン・北朝鮮」製品の質が向上

ロイターが報じるところによると、金正恩政権はここ数年で輸入に頼る従来の姿勢から、軍事と経済両面の発展を目指す二重戦略を推進ようになってきたようです。 北朝...

記事を読む

関芳弘環境副大臣、クールビズについて「冷房の28度は実はかなり不快」 見直す方向へ

関芳弘環境副大臣、クールビズについて「冷房の28度は実はかなり不快」 見直す方向へ

関芳弘環境副大臣が11日、首相官邸で開いた副大臣会議で、いわゆる「クールビズ」の設定温度の見直しを検討する考えを示しました。 関副大臣は冷房時の室温28度...

記事を読む

福島浪江の山火事 発生から12日目で鎮火も、放射性セシウム137の濃度が約9倍に上昇した地域も

福島浪江の山火事 発生から12日目で鎮火も、放射性セシウム137の濃度が約9倍に上昇した地域も

福島県浪江町で起きた山火事ですが、発生から12日目の10日、鎮火が確認されたとのことです。 しかしこの件の主要メディアでの扱いは非常に小さく、「新聞しか読...

記事を読む

ロシアがフランス大統領選にサイバー攻撃などを通じて介入か 他国の選挙戦にロシアが積極関与の可能性

ロシアがフランス大統領選にサイバー攻撃などを通じて介入か 他国の選挙戦にロシアが積極関与の可能性

西側諸国の極右化に関してロシアの関与があるということは以前から噂されています。 去年のアメリカ大統領選挙において、トランプ氏が有利になるようロシアがサイバ...

記事を読む

文在寅氏、大統領就任 革新政権が復活

文在寅氏、大統領就任 革新政権が復活

韓国の大統領に就任した文在寅(ムン・ジェイン)氏ですが、今後5年間の任期をスタートさせます。 文氏が大統領就任 罷免で引き継ぎ期間なし ...

記事を読む

「私 日本人でよかった」のポスターの女性が中国人だったことで、ネットが騒ぎになっている件

「私 日本人でよかった」のポスターの女性が中国人だったことで、ネットが騒ぎになっている件

神社本庁が制作した「私 日本人でよかった」のポスターの女性が、実は中国人女性のフリーイメージだったということで話題になっています。 メディア記事 「...

記事を読む

日雇い労働者などの暮らすアパート「中村荘」が全焼 焼け跡から男性6人の遺体 北九州 

日雇い労働者などの暮らすアパート「中村荘」が全焼 焼け跡から男性6人の遺体 北九州 

北九州市で、日雇い労働者などの暮らすアパート「中村荘」が全焼し、焼け跡から男性6人の遺体がみつかったということでニュースになっています。 おもに路上生活か...

記事を読む

安倍首相、野党から憲法改正発言の真意を問われ「読売新聞を熟読していただきたい」と答える

安倍首相、野党から憲法改正発言の真意を問われ「読売新聞を熟読していただきたい」と答える

民進党の長妻昭議員が、安倍晋三首相の憲法改正発言について「その真意を教えてほしい」と問いただしたところ、安倍首相が、「自民党総裁としての考え方は読売新聞に相当詳...

記事を読む

スポンサーリンク