Confessによる「森友問題証人喚問前に 菅野完」動画 要点書き起こし

菅野完氏の、籠池氏の証人喚問前におけるインタビュー動画がアップされていました。

勝手ながら拡散の意味も込めて、本筋に関係があると思われる点について、おおまかに書き起こしてみました。

聞き取り間違いがあるかもしれませんが、あくまで動画が本ソースであるということで、ご理解お願いします。

あと個人的に文字の装飾をしていますが、これはわたし個人で強調したもので、動画の本筋と関係はありません。

動画本編では、菅野氏自身の現状に対する気持ちも語っておられます。そちらはぜひ動画をご覧ください。

スポンサーリンク

メディア記事

the confession 菅野完

@noiehoie さんに籠池理事長の証人喚問に関して聞いてみました。

Confess Tokyoさんの投稿 2017年3月20日


  • 今の籠池さんを表現するのにもっとも適当な言葉は「カルト脱会者」なんですよ。
  • おそらく自由民主党はそういうことは無視するだろうけども、ぼくは彼は立ち直りつつある人間なんだというメッセージを、ぼくの知ってる野党議員および自由民主党の議員には伝えていくつもり。
  • 籠池本人よりも、おれは政治家をみたほうがええと思う。何の質問をするか。
  • これが人権問題だってことがわからん人間はね、党派とか陣営関わらずね、近代国家で国会議員をしててはいけないと思うの。
    で、その批判的な目というのは自由民主党の政治家だけじゃなくて、すべての党派の政治家にぼくは同じく批判的な目線が注がれるべきだと思ってて、籠池がどういう手段に出てくるかぼくももう全然予想もつかないし、おれがペットみたいに預かってるわけでもないわけで、よくわからんけども、いかに彼がトリッキーな存在でトリッキーな発言をしようともやっぱり質問側に立った与党野党問わず国会議員がどういうスタンスで籠池に接するかというのは、ぼくはかなり重要なポイントだと思う。何が語られるかではなくて。そこを見てほしいっすね。
  • (教育勅語の暗唱だとか)あれをみんな籠池さんの思想からきてると思ってるでしょ? そうじゃないんですよ。それが時代の風だと思ったわけですよ。今の時代はこれでしょ、と彼なりに思ったわけですよ。ネトウヨなの。いい意味でも悪い意味でもネトウヨでしかないの、あの人。で、今あの人はネトウヨってバカだったんだってことに今気づいたわけですよ。ほぼほぼ完璧に気づいてる。
  • 頭がいいか悪いかでいえば、籠池は極めて頭がいい人物です。その頭がいい人物が、教育勅語をやらしたり、軍歌を歌わしたりするのが今の時代だろと思ってやったのが、塚本幼稚園なわけですよ。
  • で、本当に恐ろしいことは、政治家の口利きがあったかどうかではなくて、籠池の言葉を借りると、「ある日突然風向きが変わった」って言うの。小学校設置認可の過程がね。
    で、もしそれがね、籠池も誰も金なんか払ってない、政治家も口利きなんかしてないとおっしゃるとすると、この幼稚園は学校で軍歌を歌ってるとか教育勅語をやってるということを見て役所が、「だからそういう幼稚園が作る小学校だから」という忖度と、自分の上司が迫田理財局長が安倍の腰ぎんちゃくとして有名な人間で、安倍の顔色を見なきゃいけないという状態で、そういう忖度を始めたとしたら、これは政治家の口利きがあることよりもだいぶ怖いこと。みんな誰が何言ったかわからないけど、とりあえずこれが今の時代でしょっていうあやふやな根拠で、いろんなことを進めちゃってるっていうのが怖い。本当に怖い。
  • これはあまりにも「ニホン」的な事件なんですよね。みんななんかわかんないけどこれはちょっと、官僚の言葉を借りると、「マル政案件」だって話になって、腫れ物に触るように書類を触って、斜めにしか押せないハンコをまっすぐに押しちゃったりとかってことを積み重ねてくるっていうのは、どこの会社でもあることですからね。それがやっぱりいちばん怖いですね。
    で、その怖さをどうするかっていうとね、今の「ニホン」では流行らへんのかもわからんのやけど、「みんないっぺん杓子定規に戻ろうよ」って思うよね。もう、法律に書いてある以上はできないと。それ以外のことはできないんだっていう。そこを曲げてみたり新たな解釈やってみたりあるいはたとえばホリエモン的にレギュレーションとレギュレーションの間をみつけて真ん中を走っていくのがクレバーだっていうのは、おれは絶対間違いだと思う。
    法律は法律だから、で正義は正義だから、正論は正論だから、っていうところで、杓子定規に戻るというのが、おれはもうめっちゃ今回の事件で自分の中でも痛感したことですね。
  • さっき、あまりにもニホン的な問題だって言ったけど、あまりにニホン的な構造の中で、ぼくが見てると、ドラマで言うとこれよくあるプロットでベタなプロットだからっていって批判してるわけじゃなくて、ホームドラマなんだからよくあるベタなプロットでいいんだよと。あるいはもっというと時代劇だから、よくある勧善懲悪パターンでいいんだよと。難しいことを考えずに素直にそれをやればいいんだよと。
    そういう意味では日本的な構造で、日本的な構造の批判をすればいいんだけども、着ている服がね、登場人物、ドラマで言うと着ている衣装さんが異質におかしいんですよ。まとってる雰囲気が。
    で、それはぼくが認識している「ニッポン」とかね、あるいは「ニホン」とかね、ニッポンとニホンはぼくの中では違うんだけども、ぼくが認識してるニッポンとか、ぼくが認識してるニホンとか、つながってはいるんだろうけどもあまりにも「しな」が下がるというか、下品すぎるものなんですよね。で、「それが日本の土俗だよ」って言われちゃうとそれまでかもわからんねんけども、あまりにもなんかね、粗末に過ぎるんですよ。
    たとえばね、今回の事件、2月の9日に朝日新聞がスクープしたのがきっかけだけども、あれも9億の金が1億になって、8億の金がどっかにいった話でしょ? で今騒いでるのは100万円を寄付されたって話じゃないですか。
    これ田中角栄の時代からそれぞれゼロふたつ違うよね。
    8億の金で全国民がピーピー言うてるって、で100万の金寄付もろたからって、たかだか100万の金を寄付もろたからってピーピー言うてるって、どんだけニホンは貧乏になってんと。
    そういう意味でも、稚拙な教育勅語賛意化であったり、稚拙な愛国ごっこであったりというのをみると、台本はありきたりでもええと認めたところで、登場人物の立ち居振る舞いであるとか、着ている衣装があまりにも学園祭レベル。あまりにも学園祭レベルっていうところの悲しさってのはある。

  • (森友問題に)デモとかスタンディングとか、抗議集会とか加わるとね、最強ですよ。死の商人として爆弾を仕込むのはぼくらの業界の務めですからね。それはネタはなんぼでも仕入れてきて出すものは出していくけども、そこはこれを見てはるみなさんみたいな人たちが、直接行動に出るってのが、おれめちゃくちゃ重要や思うね。
  • こんなこと起こったら今ごろ官邸何十人と取り囲まれてて、それでちょうどくらいやとおれは思うけどね。
スポンサーリンク